薬局モリファーマシー/お知らせ

患者様の健康を願って

お薬は、化学的に作られたものです。
人の体にとっては、異物です。
出来れば飲まない方が良いことは、医師も薬剤師も分かっています。
しかし、病気を軽くする為には必要です。
現代医学では限界があり仕方有りません。
ですから、決められた量・飲み方をきちんと守って下さい。
バランスの良い食事と良質な水分、早寝早起き(7時間位の睡眠)、を十分とり心豊かな日常生活を送ることが健康の秘訣です。

自己中心的な行動や、不満、怒りは、さまざまな病気の基となります。他人・地球や自分・自分の細胞に日々感謝する気持ちが大切です。

処方せんについて

全国すべての病院・医院・診療所で発行された処方せんを受け付けます。
当店をご利用の患者さんには、休日・夜間もTELによる相談や、緊急時の調剤も行っております。
是非当店をご利用下さい。

処方箋の有効期間について

処方箋の有効期間は、発行日(診察日)を含めて4日間です。
どうしても4日間で薬局に行けない場合が予想できるときは、受信時に相談してみてください。
治療上の問題がない場合期間延長してもらうことが出来ます。

また、医療期間も長期休む所があるためお薬は早めにもらっておいてください。
お薬を切らさないように十分ご注意下さい。

御縁義援金活動報告

思いやりの心をいつまでも..という気持ちで、東日本大震災で被害に遭われた方に対して継続的な支援をしていこうと考えました。
そこで、わずかではございますが、処方せん受付1回につき私共と御縁があったということで5円を皆様方の思いと共に(社)日本赤十字社の義援金募金に震災後から2016年5月迄789,000円振込みさせて頂いております。

その後、2017年5月の1年間で、日本赤十字本体に86,750円、国境なき医師団に50,000円寄付しました。(27350枚×5円=136,750円)
今後も、1年間の処方箋枚数により寄付していきます。2018年5月日本赤十字及び国境なき医師団共に80,000円ずつ寄付しました。

経営状態が厳しい中、皆様の思いと共に1枚5円活動を今後も続けていきます。

お気に入り薬局をめざして

当薬局は、処方箋が無くても気軽に入れる薬局を目指しております。
地域に根ざした地域のための薬局です。
健康相談や介護の事などお気軽に。
地域ケア会議などの地域の会議やお薬相談会、説明会、地域薬剤師会のキッズファーマシーを企画したり参加したりしています。

厚生労働省 施設基準調剤加算が受理されました。

これを取得するには下記の基準を満たさないとなりません。
(1)患者ごとに、適切な薬学的管理を行い、かつ、服薬指導を行っていること。
(2)患者の求めに応じて、投薬に係る薬剤に関する主な情報を提供していること。 
(3)一定時間以上開局していること。
 (4)十分な数の医薬品を備蓄していること。 
(5)適切な薬学的管理及び服薬指導を行うにつき必要な体制及び機能が整備されており、患者に対し在宅に係る当該薬局の体制の情報を提供していること。 
(6)麻薬及び向精神薬取締法(昭和二十八年法律第十四号)第三条の規定による麻薬小売業者の免許を受けていること。 
(7)当該保険薬局のみ又は当該保険薬局を含む連携する近隣の保険薬局において、二十四時間調剤並びに在宅患者に対する薬学的管理及び服薬指導を行うにつき必要な体制が整備されていること。 
(8)在宅患者に対する薬学的管理及び指導について、実績を有していること。 
(9)当該地域において、在宅療養の支援に係る診療所又は病院及び訪問看護ステーションとの連携体制が整備されていること。 
(10)当該地域において、他の保健医療サービス及び福祉サービスとの連携調整を担当する者との連携体制が整備されていること。 
(11)かかりつけ薬剤師指導料又はかかりつけ薬剤師包括管理料に係る届出を行っていること。 
(12)特定の保険医療機関に係る処方せんによる調剤の割合が九割を超える場合にあっては、当該保険薬局において調剤した後発医薬品のある先発医薬品及び後発医薬品を合算した規格単位数量に占める後発医薬品の規格単位数量の割合が三割以上であること
上記が基準です。
今までは、かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師と薬局や、薬剤師が言っていましたが、これからは、受理された薬局・薬剤師だけが云えます。
当薬局は、かかりつけ薬剤師として2名受理されています。

ジェネリック医薬品推進について

皆さんは、すでにテレビCM等で、ジェネリック医薬品という言葉を聞いた事が有ると思います。開発メーカーの特許が切れた医薬品を他のメーカーが同じ成分の薬を作れるようになった物です。但し、錠剤などを形成する乳糖などや、湿布などの基剤は、特許が残っており全く同じに出来ません(最近は先発メーカーの関連会社が全く同じジェネリックを作っている物もあります)。
しかし、厚生労働省の細かな試験に通り効果が同等であると証明された医薬品が日本で許可されています。
日本の保険制度はこのままですと破綻してしまいます。その為にも安価なジェネリック医薬品は推進していかなくてはなりません。

災害に備えて

このところの異常気象。地球が怒っていると思いませんか?唯一知能を持たされた人間が地球を守る使命を忘れ、原発再稼働など自然破壊を益々進めています。残念ながら人間が気付くまで災害は続くでしょう。
皆さんも、自分のことのように自然のことを考えて行動して下さい。それと共にご近所さんと言葉を交わして下さい。
薬をもらっている人は、お薬手帳を必ず携帯し、安定している人は、常に5〜7日分の薬を自宅や職場に置いておいて下さい。
大震災が発生すると最初の3日間は急病患者さん優先でてんてこまいです。かかりつけ医も救護所などで診察をしますので、医院は閉まっています。そんな時、お薬手帳が大変重要になります。手帳があるとすぐに処方出来るので、皆の待ち時間も短くなります。そして、お薬の記録だけでなく、症状や値、医師や薬剤師の指導内容なども、記入しておいて下さい。お薬手帳は、皆さん個人のカルテになります。

理大祭 キッズファーマシーについて

今年の理大祭(理科大学葛飾キャンパス)は、11月23日−24日ですが、そのうち23日にキッズファーマシーを開催します。
是非皆さんお誘いの上遊びに来てください。
薬局からの意見や趣味のページです!是非、ご覧下さい!!
薬局からの意見や趣味のページです!是非、ご覧下さい!!
薬局からの意見や趣味のページです!是非、ご覧下さい!!