旧 伊佐地薬局 光町本店の案内です。
医療・介護を通じて患者様の健康をアシストする目的で設立された法人です。
伝統ある犬山祭の車山(やま)と子供衆の写真です。
我が家の家族のトイプードル達です

伊佐地薬局 白菊店/よくある質問

Q.「ジェネリック医薬品」って何ですか?
A.医療用医薬品には、同じ成分・同じ効能で金額が高いものと安いものがございます。通常、高い方のお薬は「新薬」で、それには発売までの研究費や開発費がかかっています。 「ジェネリック医薬品」とは、新薬の特許期間満了後に厚生労働省が承認し、発売されるお薬の総称です。開発などのコストが削減されているので、新薬と同じ成分・同じ効能でありながら、安く手に入れることが出来ます。ただし「新薬」と全く同じ製法・品質とは断言できず、選択の際には薬剤師と御相談されることをおすすめします。
Q.薬が多すぎて、効能とか覚えられません。どうしたら良いのでしょうか?
A.当薬局では、処方せんに準じた個別の「お薬の説明書」をお渡ししています。 
お薬の写真と代表的効能、および服用方法を説明したものですので、ご参考にしていただければ幸いです。また、「お薬手帳」の作成と活用方法等もご紹介しております。お薬に関してご不明な点がございましたら、どんなに些細なご質問でも構いませんので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
Q.薬局での基本料・管理料・技術料とは、どのように決められているのですか。
A.当薬局は厚生労働大臣が定める基準及び技術料による調剤を行っている保険薬局です。
●当薬局は約1200品目(平成28年4月現在)の医薬品を備蓄しています。
●当薬局はどの保険医療機関の処方せんでも応需いたします。
●当薬局は服用薬剤の種類や服用経過などを記録した「薬剤服用歴管理記録簿」を作成し,薬剤によるアレルギ−や副作用の有無を確認するとともに,複数の病院・診療所から薬剤が処方されているような場合には,服用薬剤同士の重複や相互作用の有無をチェックします。
●当薬局は処方せんによる医師の指示があるときは、在宅で療養されている患者さん宅を訪問して服薬指導等を行います。
●当薬局は日曜・祝日・土曜日午後はお休みさせていただきますが,急用の場合には薬剤師への転送電話で対応させていただきます(夜間・休日等連絡先:058-210-2180:携帯電話へ転送されます)
■上記業務に関する主な保険点数は以下の通りです。
・調剤基本料:
・後発医薬品調剤体制加算:
・分割調剤料(2回目以降):
・薬剤服用歴管理指導料:
・一包化加算(7日毎単位):
・浸煎薬・湯薬(1調剤毎):
・重複投薬・相互作用防止加算:
・在宅患者訪問薬剤管理指導料:
・開局時間内の夜間休日加算(午後7時〜午前8時・土曜日は午後1時〜午前8時)及び休日深夜:
上記のほか、薬剤の種類及び日数応じた調剤料、指導料、薬剤料(医薬品代)が加算されます。これらは全て厚生労働大臣が定めた金額となります。詳細は薬局にお問い合わせ下さい。(改定予定のため後日詳細を掲載します)