歩くことで気分改善
あなたは良く歩きますか?なぜ歩くことが気分改善につながるのか?について分析をしてみました。

歩行でリラックス?!
医学誌の報道によると、歩行運動は疾病の予防のためになるだけではなく、気分を改善する効果があり、精神状態を高めることができます。 米国の医学博士ハオセによると、「歩くことは人生において最大の幸せ、歩くことによって血液循環が刺激され、足の筋肉が鍛えられて、呼吸の促進にもつながり、胸囲が広げられることによって内臓の強化なります。軽快な歩行は、リズミカルな深呼吸を伴い、視覚的にも美しい景色を満喫できて、人間の精神・筋肉・内臓器官に対してかなり有益です。」 また、リズミカルな早足を30分続けば、脳の中に「enndorphin」という一種の化学物質が生まれるそうです。これは神経細胞に作用する物質で、カフェインに似る陶酔効果がありながら、害はない様です。専門家によれば、これは一種の神経ホルモンで、気分をよくする効果を持っています。
 
毎日の歩行ですばらしい毎日をおくりましょう
歩行は完璧な有酸素運動で、行うことによって精神状態が良くなり、清清しい気分を味わえます。歩くときは大自然に溶け込み、森林や野原の小道で散歩すれば、これ以上ない安心感や爽快感を感じられ、心が自然に開き、自然に帰ったような気分に慣れます。 歩くときに、もし自然と一体化できれば、自然の音、匂い、映像によって気分を大幅に変えられます。なるべく毎日の散歩を気分に合わせ、心をリラックスし、足踏みしっかりで、早すぎない遅すぎないペースを保ち、深呼吸しながら行えば、少しずつ散歩の楽しさがわかってきます。気分も次第に軽くなり、特別な安心感を味わえます。

歩行運動は忙しい現代生活において、これ以上ない楽しみと言えるでしょう。毎日のただ30分〜1時間の散歩で、きっと気分回復ができ、未来が明るく見えてきます。結論を言えば、一旦歩くことの楽しさを味わえば、同時に人生の満足も得られます、これこそ健康長寿の一番の秘訣でしょう。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.