骨盤底筋体操
重い荷物を持ったり、咳やくしゃみをしたりした時に「アッ!おもらし・・・」。 こうした悩みをお持ちの方は、今日からこの体操を!

腹圧性失禁症を治しましょう!
咳やくしゃみをした時に、「アッ!尿が漏れた」という体験をしたことはありませんか?これは骨盤底筋群という骨盤の底に広がる筋肉が弱くなり、少しの圧力で膀胱の出口が開いてしまうために起こる症状で、疾患名を「腹圧性尿失禁」と言います。腹圧性尿失禁は出産・運動不足・肥満などが原因で起こることが多く、30歳代の女性の約3割にこの症状があると言われています。この症状を改善・克服するには「骨盤底筋体操」が有効です。腹圧性尿失禁患者3名中2名が、「この体操で治った!」という報告をしているとのこと。この症状でお悩みの方は、3ヶ月間を目途に是非トライしてみてください。
骨盤底筋体操
肛門の周りの筋肉を5秒間強く締め、次に緩めます。この運動をイラストに示す5つの姿勢で、20回ずつ繰り返します。朝・昼・夕・就寝前の4回に分けて毎日行うのが理想的です。ただ、いずれにしろ失禁気味の方は、一度泌尿器科の先生にご相談されることをお勧めいたします。
1- 仰向けの姿勢で
2- いすに座った姿勢で
3- ひじ・ひざをついた姿勢で
4- 机に手をついた姿勢で
5- 仰向けになり背筋を伸ばした姿勢で

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.