二日酔いの原因と対処法
忘年会に新年会、1年の中でも特にお酒を飲む機会が多かったことと思います。お酒は、適度な量なら“宝の水”となりますが、飲み過ぎると脂肪肝やアルコール中毒になる危険性もあります。ようやく肝臓もひと休みできるこの時期に、二日酔いの原因とその対処法だけでも覚えておきましょう。

二日酔いの原因とは?
お酒を飲むと、その約20%のアルコールは胃の中で吸収され、残りはゆっくりと腸内で吸収されます。吸収されたアルコールはさらに肝臓まで送られて分解され、アルデビドを作り、その後さらに無毒の酢酸と水に酸化分解されます。しかし、肝臓で分解できるアルコールには個人差があり、体重60kgの成人で1時間に6g。これよりも多いと血液中のアルコール量が増加し、大脳を主とする各臓器に害を与え、二日酔いを起こすのです。二日酔いを治す基本的な方法は冷や水をたっぷりと飲むこと。水は血液中のアルデビドの濃度を薄め、尿とともに体外へ排出させることができます。
 
中国での二日酔い対策
中国では飲酒が流行ってくるにつれ、パブが立ち並び、飲酒人口は次第に低年齢化しています。女性の飲酒人口も増え、祝い事や友人との集まり、会社の接待では一杯やらないわけにはいきません。このような状況とともに二日酔い、頭痛、めまい、いらだち、むかつき、吐き気など、飲酒による症状を解決することが重要視されるようになっています。

漢方を売るお店ではさまざまな酔い覚ましの薬が売られ、多くの人が利用しています。ただし、すべての漢方薬が万人に効くというわけではないので、ご注意を。

酔いを覚ます漢方の例:
葛根、葛の花、大根の千切り(煮汁)、スイカ、蓮根、茶、氷(強い酒の毒を除く)、キコク、白インゲン豆、烏梅、甘薯、菱、モクゲンジ(酒の毒を分解し、飲酒人口の気を収める)、ニクズク(消化を助け、酔いを覚ます)、小豆(利尿し、渇きを止め、酔いを覚ます)、カブラ、シャクシャミツ(消化を助け、酔いを覚ます)、ビンロウジ(殺虫して酔いを覚ます。飲みすぎると真気を害する)、カエル(渇きを止め、酔いを覚ます)、あわびの貝殻(強い酒の中に入れ、酒の酸を分解する)、田螺(陶弘景:酔いを覚ます)、五倍子(汗を抑え、酔いを覚ます)、地楡(別録:酒を消化する)、黄ゴン、黄連、神麹(酒を分解して消化を助ける)、冬瓜、柿。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.