適度な運動が病気を防ぐ
アメリカ医師会のレポートによると、運動と病気予防の関係性を検討した結果、毎日の適度な運動がさまざまな病気の予防に役立つことが明らかになりました。

適度な運動とは…?
  適度な運動とは、15分ほどゆっくり走る、30分ほど速く歩く、30分バスケットボール(シュートの練習)をする、30分家事をするなど“おだやかで連続的な全身運動を行う”ということです。
健康に効果的な運動を行うには、短時間の適度な運動を積み重ねていくということが重要です。例えば、1日3回10分速く歩くことと1日30分速く歩くことでは、病気の予防においてはほぼ同じ効果があるので、“まとまった時間がとれず、運動不足になっている”と嘆く人は、エレベーターに乗らず階段を利用する、バスを利用するときはひとつ手前の停留所で降りて歩くなど、短時間の運動を1日に何度か行えばいいのです。長期間運動をしていない人は、初めのうちは1日30分程度にして、徐々に運動時間を長くする、回数を増やすなど、少しずつ慣れていくようにしましょう。毎日違う運動を取り入れるなどの工夫をすれば、飽きることなく続けることができます。
このような適度な運動の積み重ねは、心臓病、高血圧、大腸がん、糖尿病などの慢性病の予防に役立ち、ストレス解消にもつながるようです。また、適度な運動が健康に良いとされる一方で、重量挙げのような筋肉をきたえる運動は、筋肉と体力の強さを維持するのに役立ちます。

日常生活のアドバイス
  1.できるだけ毎日、ゆっくり走る、速く歩く、泳ぐなどの適度な運動を30分程度行う。
2.階段を利用する、ひと駅歩くなどの短い運動の積み重ねも病気の予防に役立つので、日常生活に積極的に取り入れる。
3.運動習慣を身につけていない場合、短い時間の運動から始める。例えば、3分間速く歩くことを毎日3回行うことから徐々に運動時間を増やす。

運動をするのに、まとまった時間は必要ありません。日頃のちょっとした積み重ねが、健康な明日を築いていきます。


(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.