夏こそ冷え対策
夏の暑い時期、冷房の良く効いた場所に長時間いたり、電車などの乗り降りで、体や手足の冷えを感じる方は多いようです。 薄着になるこの季節は、外の気温と体温のバランスが崩れがちになります。 夏こそ万全な冷え対策で乗り切りましょう。

夏場になぜ冷えてしまうのか
  通常私たちの体は、冬の寒い時期には体内の熱を保とうとする体質になります。 しかし、夏場は気温の上昇に伴い、血管を広げ放熱しやすい体質になっているため、冷えに対して無防備になっているといえます。 このため室内の冷房にさらされると、短時間で体は冷えてしまいます。 体の軸となる体幹部が冷えると、生理的な影響をおよぼします。
自律神経の失調
  体温や発汗、呼吸、脈拍、血圧など、自分の意志で左右できない臓器や器官の働きを調節しているのが自律神経です。 気温や環境の変化に合わせ体調を整えるのですが、暑い外と冷房の効いた室内の急激な温度変化などのため、対応できなくなることがあります。 これは自律神経が失調した状態です。
冷房病とは
  自律神経の失調が続くと、肩コリ、頭痛、食欲不振、不眠などの症状があらわれます。 特に女性に多くみられ、冷えに起因するこれらの症状を総称して、冷房病といいます。 冷えが、あらゆる体調不良の原因になるというわけです。 お盆を過ぎた頃から、だるさやめまいを感じる方もいるので注意が必要です。
対策1 衣服で体温調節
  腕や足は冷えやすいので、長そでのカーディガンや靴下で、冷気をガードしましょう。 また、首の周りを温めると全身の保温効果が上がるので、スカーフを持っておくと良いでしょう。
対策2 運動や入浴で体質改善
  ヨガやストレッチなどの、軽めの運動が効果的です。寒さで萎縮してしまっている全身の筋肉を伸ばしましょう。 職場などで体が冷えきってしまったら、帰り道を少し歩くのも良いでしょう。 また、ぬるめのお風呂にゆっくり入り、体の芯までじわじわ温めましょう。 マッサージで血行を促進し、汗をかいて老廃物の排出を促しましょう。 好きな香りの入浴剤を入れたり音楽を聴いたりして、ストレス解消のリラックスタイムにするのも良いでしょう。
対策3 体を温める食事
  バランスよく栄養を摂取しましょう。 旬の野菜(トマトやなす)や熱帯地方の果物には、体温を下げる性質のものがあるので注意しましょう。 ショウガやネギ、根菜類は体を温めます。
冷えは万病のもと、ともいわれます。以上のような対策をしっかり行って、夏冷えから体を守りましょう。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.