これだけは知っておきたい 腰痛との上手なつきあい方
突然やってくるがまんのできない腰の痛み、慢性的な不快感など、腰に負担 のかかる生活習慣が多い現代社会では、腰になんらかのトラブルを抱えている人が少 なくありません。今回は、基本的な腰痛の原因と今すぐできる、その対処方法などを 紹介します。【監修:日本健康指導支援機構(JHISS)】

なぜ腰痛は起きる?腰痛のいろいろ
多くの種類と名称がある腰痛ですが、その原因はさまざまで、複数の原因が重なって いることも少なくありません。たとえばきつい下着で締め付けたり、下半身を冷やし たりすることによって血行が悪くなり腰痛を引き起こしたり、筋肉疲労や筋力の衰え、 さらに血管・神経・脊椎に由来するもの、内臓疾患によるものなどがありますが、大 きく分けると急性と慢性の2つに分けることができます。
いわゆる「ぎっくり腰」などと呼ばれる、急性腰痛の多くは、「腰痛捻挫」というも のです。重い物を持ち上げたときや、身体を捻った瞬間に、突然激しい痛みに襲われ たなど、あきらかに腰を痛めた瞬間がわかるもの。このような場合、腰部の組織が損 傷し、患部が赤くなる、腫れるなどの、炎症を伴うことがあります。そして驚くべき ことは、このぎっくり腰をはじめとする急性腰痛の約6割は原因不明であるという点で す。ストレス社会といわれる昨今、腰痛は、怒りなどの心因的なものも、大きく関係し ているようです。
一方、慢性腰痛は、いつ腰を痛めたのかわからないもの、ときどき思い出したように 痛むものから、仕事に支障をきたすような激しい痛みまで千差万別です。この慢性腰 痛に代表されるのが椎間板ヘルニアです。椎間板内の髄核であるゲル状の組織が飛び 出し、神経を圧迫、痛みや、足のしびれなどを伴います。
また高齢者の腰痛は、骨量が減少し骨がもろくなる、骨粗しょう症からおこる場合が ありますので、気になる方は一度骨密度を調べてみてはいかがでしょうか。
腰痛になってしまったら
では、腰痛を発症した場合は、どうしたらいいのでしょうか。急性腰痛、慢性腰痛に 限らず、まず腰に負担をかけない姿勢で安静にすることです。強い炎症を起こしてい る場合は患部を冷やすとよいでしょう。腰痛は、このように大抵1、2週間安静にして いれば治ってしまうことが多いものです。しかし激しい腰痛以外に、熱が出たり、冷 や汗が出るなど、別の症状があるとき、3日以上経っても痛みがおさまらないときは、 細菌感染による炎症、ガンなどの腫瘍(しゅよう)の転移、腹部内臓の異常、婦人科 疾患などが、原因になっているケースもあります。自分なりに判断せず、原因を明ら かにした上で、自分に合った治療法を見つけることが大切です。症状が落ち着いたら、 速やかに専門医を受診しましょう。
正しい診断を受けるために
痛みは本人にしかわからないもの。 専門医を受診した際は、どこが痛むのか、またど のように痛むのか、例えば「チクチク、針を刺すよう」「ズキズキとうずく」「重く だるい」など、できるだけ正確に伝えてください。また病歴のほか、 アレルギーの有 無もあれば、申し出ましょう。
こんな症状に注意!
1. 腰の痛みが、前傾姿勢をとることで楽になる。
数100m歩いて、腰が痛くなるときも要注意。

→腰部脊椎管狭窄症の可能性あり!
2. 足首や親指を上に上げる力が弱くなりかかと歩きができなくなる。
アキレス腱の力が弱くなり、つま先歩きができなくなる。

→椎間板ヘルニアの可能性あり!
3. ひざ下、足の甲、小指にしびれがある。
→椎間板ヘルニアの可能性あり!

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.