清潔第一!あせもの予防
じっとしていても汗が噴き出してくる暑い夏の盛り−。汗がたまる下着の締め付け部分などに「あせも」ができると痒くてたまりませんよね。新陳代謝が活発な赤ちゃんや小さなお子さんは大人以上にあせもになりやすいので、お母さん方はお子さんの肌を清潔に保ってイヤ〜なあせもから守ってあげましょう。

かきこわさないような工夫を
大量に汗をかくと汗の出口(汗腺)がつまって炎症を起こすことがあります。これが「あせも」です。首のまわりやひざの裏、額、脇の下など汗の溜まりやすい場所にポツポツと赤い発疹が現れ、強い痒みを伴います。赤ちゃんに出来やすいのは、体が小さいにもかかわらず大人と同じ数の汗腺をもっているためです。
あせもなんて誰もがなるものと軽く考えがちですが、かきむしると傷口から細菌が入って化膿したり、リンパ腺が腫れたりすることがあります(これを「あせものより」といいます)。お母さん方は、赤ちゃんや小さなお子さんの爪を短く丸く切って、「あせものより」に移行するのを防いであげましょう。症状がひどい場合はなるべく早く小児科や皮膚科に診せて下さい。
あせもの予防は皮膚を清潔にキープすることが第一です。汗はこまめに拭き取り汗を大量にかいた時はシャワーやお風呂できれいに洗い流してあげましょう。肌着や衣類は汗を吸収しやすい木綿、ガーゼ、綿100%などの天然素材のものを選び、室温にも配慮しましょう。ベビーパウダーはあせもの予防にはある程度の効果を発揮しますが、すでにあせもが出ている場合は毛穴をふさいで症状を悪化させる原因になりかねませんので避けた方が無難です。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.