家庭でも備えを−新型インフルエンザ
養鶏所で鳥インフルエンザにかかったニワトリが発見され、すべてのニワトリが焼却処分された−。こんなニュースを見聞きして「そんなに大騒ぎすることなの?」と不思議に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。でもこれは「ヒトにも感染する新しいインフルエンザウイルス(新型インフルエンザ)が近々現れるかもしれませんよ」という危険信号なんです。ひとたび発生すれば世界規模の流行(=パンデミック)に発展する可能性が高く、日本政府も警戒を強めているところです。【監修:日本健康指導支援機構(JHISS)】

過去のパンデミックでは全世界で数百万〜数千万人の死者が
通常、鳥インフルエンザには鳥類しか感染しませんが、ウイルスが突然変異を起こすと鳥からヒトへ、やがてはヒトからヒトへと感染するようになります。このヒト−ヒト間の感染が確認されたインフルエンザを「新型インフルエンザ」と呼びます。 新型インフルエンザの怖いところは、免疫(ウイルスを防御するシステム)をもっている人がほとんどおらず、パンデミックを起こす可能性が非常に高いという点です。過去のパンデミックを振り返ると大正7年の「スペインかぜ」は全世界で4000万人、昭和43年の「香港かぜ」は100万人以上の死者を出しました。現代は航空機による高速・大量輸送時代ですからこの当時よりも速いペースで感染が拡大するとみられています。

残念ながら新型インフルエンザは既存のワクチンでは予防できません。ワクチンは予防対象のインフルエンザウイルスを使って製造しますから、新型インフルエンザが発生していない現段階では準備できないのです(ただし通常インフルエンザとの二重感染を防ぐためにもインフルエンザワクチンは接種してください)。とはいえ、新型インフルエンザにも、手洗い・うがいの徹底、マスクをかける、人ごみに行かない−といった一般的な予防策は有効ですし、こうした1人ひとりの取り組みこそが急速な感染拡大の防止にもつながるのだということを十分認識してください。 マスクについては、厚生労働省の専門家会議がガーゼマスクよりもウイルスの侵入防止効果が高い不織布製マスクの使用を推奨し、1人当たり20〜25枚程度を目安に各家庭で備蓄するよう提案しています。一方、新型インフルエンザの治療薬としては、通常のインフルエンザにも使用される「タミフル」「リレンザ」が有効だと考えられており、政府がタミフル2500万人分、リレンザ600万人分を確保して備えています。

事前連絡なしの受診はウイルスを撒き散らすことに
「新型インフルエンザに感染したかも」と思った時は、保健所に設置される「発熱相談センター」に連絡したうえで、都道府県などが指定する医療機関(=発熱外来)を受診しましょう。事前連絡をせずにいきなり近隣の医療機関に行くと待合室などでほかの人にうつす可能性がありますので、絶対に避けてください。 また意外に重要なのが食料や日常生活品の備蓄です。物流が停滞することも考えられます。インスタント食品やレトルト食品などは2週間分程度を目安に、このほかトイレットペーパー、常備薬、ガーゼなどを揃えておくといいでしょう。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.