足湯習慣でむくみスッキリ!
足のむくみは、多くの女性が抱える共通のお悩みではないでしょうか?最近は専用のソックスをはじめ様々なむくみ解消グッズが人気ですが、簡単なセルフケアとしてお勧めしたいのが足湯(または足浴)です。お休み前の足湯は体の芯から温まり、朝までぐっすり眠れる快眠効果も期待できますよ。

心臓等への負担が少なくお年寄りにもおススメ!
足は「第2の心臓」と呼ばれるだけあって、東洋医学でいうツボが沢山集まっているとても大切な場所です。女性の美容や健康にいい入浴法では「半身浴」がよく知られていますが足湯のいいところは服を脱ぐ必要がない手軽さ。風邪でお風呂に入るのが難しい時にも体を温めることができますし、お風呂につかるよりも心臓や内臓への負担が少ないので、お年寄りでも安心して楽しむことができます。足湯は足のむくみ解消だけでなく、冷え性や肩こり、生理痛の改善、自律神経の安定など、その効果は全身におよびます。

ご家庭で足湯をされる場合は、バケツを用意し、38度〜42度のお湯をくるぶしが浸かるぐらいまで注ぎます。最近は足湯専用のバケツも市販されているようですが、普通のバケツでも構いません。足をお湯に入れたらバスタオルや膝かけで足から腰までを覆って下半身が冷えないようにして15〜20分つけます。さらに効果を上げたいなら用途に応じてアロマオイルを2〜3滴入れましょう。冷え性ならローズマリーやジンジャー、リラックスならラベンダー、足を清潔にして水虫を予防するならティートゥリーを。オイルの入れすぎにはくれぐれもご注意ください。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.