夏の冷え−夏バテや婦人科系疾患の原因にも
暑い夏の盛り、外から戻ったら冷房を強めにかけた室内で冷たい飲み物を一気飲み、なんてことやっていませんか?「冷え」は冬場だけの問題と思っていたら大間違い。夏の冷えは、夏バテや消化不良、生理不順などのさまざまな病気の原因になります。暑いからといって必要以上に体を冷やさないように注意しましょう。

内と外の温度差は5℃以内がベスト
地球温暖化の影響もあって最近は1日の最高気温が35℃を超える猛暑日も多く、屋外と室内の温度差が10℃を超えるのも珍しいことではありません。しかし、私たちの体にとってベストの温度差は「5℃以内」。本当は外の気温が高い時ほどエアコンの設定温度は高めにするべきなのです。

温度差が激しい環境で行ったり来たりを繰り返すと、私たちの体のバランスを保っている自律神経が乱れて体温調節ができなくなり、冷えや夏バテを引き起こします。ひどくなると消化不良や、肩こり、睡眠障害、手足のむくみ、女性の場合はホルモンバランスが乱れて生理痛がひどくなったり、生理不順になったりすることも。脂肪がつきやすい体質になるともいわれています。

夏の冷えの予防対策として冷房の設定温度は25℃以上を目安にしてください。オフィスではカーディガンをはおったり、靴下をはいたりして自己防衛に努めましょう。冷たいものや体を冷やす働きがあるトマトやナスなどの夏野菜の取りすぎにも注意。体を温めるネギや生姜などの薬味を多めにとるように心がけるといいでしょう。

またシャワーだけの入浴も体を冷やします。半身浴で構いませんから、夏の間もできるだけ湯船につかるようにしましょう。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.