コンタクト使用者で増加−アカウントアメーバー角膜感染症
最近、コンタクトレンズ使用者の間で広がっている「アカウントアメーバー角膜感染症」という病気をご存知ですか?激しい痛みを伴い、最悪の場合は失明することもある恐ろしい病気ですが、コンタクトレンズを正しく使っていれば予防することができます。

コンタクトは使用法を守って!
現在、国内におけるコンタクトレンズ使用者は実に1500万人以上。その一方でコンタクトレンズの使用に起因する目の障害は増加傾向にあり、コンタクト使用者の7〜10%で何らかの障害が発生していると推測されています。なかでもここ数年増加傾向にあるのが、「アカウントアメーバー角膜感染症」です。アカウントアメーバーは水道水の中にも存在する病原体。そのため、吸水性が高い素材でできているソフトコンタクトレンズを、水道水で洗浄・保存したり、長期間誤った使用を続けていたりすると、アカウントアメーバーがレンズ内で増殖し、感染する可能性が高くなります。

感染した場合のおもな症状としては、目の充血、夜眠れないほどの強い目の痛みなどが現れます。重症化すると角膜が白く濁って視力が大幅に低下し、最悪、失明することもあります。予防の第一は、コンタクトレンズの正しい使用法を守ること。レンズに触れる前には石鹸で手を洗い、レンズは専用の消毒剤で毎日きちんとこすり洗いをします。レンズを入れる保存ケースは定期的に交換し、清潔な状態を保ちましょう。定期的に眼科医を受診し、検査で目とレンズの状態をチェックすることも忘れずに。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.