ぐずぐず、むずむず・・・つらい花粉症。花粉症の謎とお薬
 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血、涙目。中には、下痢や肌のかゆみ、熱っぽいなどの症状が現れる人もいる「花粉症」。こうした症状はすべて花粉という「異物」に対するアレルギー反応です。 私たちのからだには、異物が侵入するとそれを排除しようとする「免疫システム」が備わっています。花粉症は、スギ花粉などの「異物」に対して、普通ではつくられないスギ花粉の抗体をつくって対抗しますが、反応が過剰になりすぎると花粉症として現れるのです。

花粉症になる人とならない人がいるのはなぜ??

その理由の一つとして考えられるのは、花粉などの異物に対する「許容量」が人によって違うということです。スギ花粉症の場合、スギ花粉に対する過敏性をコップ、スギ花粉を水にたとえると、徐々にたまったコップの水があふれ出すと花粉症になります。花粉に触れ続けてもアレルギー反応が起きない人は、そもそも花粉に触れる量が少ないか、コップの大きさそのものが花粉症の人とは違うと考えられます。 なぜコップの大きさが違うのかはまだよくわかっていませんが、遺伝に加えて生活習慣や環境との関係が注目されています。
即効性のあるお薬とその効果
 

治療は、すでに症状が出てしまっているならば、市販の飲み薬や点鼻薬、点眼薬で一時的に症状を抑えるとよいでしょう。最近は、医療用の成分がそのまま使われているスイッチOTC薬も薬局で買えます。ただし、アレルギー用の市販薬の多くは、即効性のある成分を短期間だけ使うように開発されていますので、長期使用は控えましょう。市販薬の抗ヒスタミン成分は眠気の副作用が出ることがあるので、就寝前に服用するなどの工夫が必要です。症状が重い場合は、医師に受診し、適切な治療薬を処方してもらいましょう。市販薬で症状を抑えたら、早めに医療機関を受診し、医療用の抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を処方してもらってください。がまんできないほど症状が重いときは、ステロイドの点鼻薬や内服薬、注射などで即効的に症状を抑えることもできます。
 ただし、ステロイド薬は短期間の使用にとどめ、症状が軽くなったら抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などに切り替え、しばらく服用し続けると症状が抑えられます。
 いずれの場合でも、根治療法は医師に相談することが大切です。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.