お子さんに薬を飲ませるひと工夫!
赤ちゃんや小さなお子さんが薬を飲むのを嫌がって、ご苦労された経験をお持ちのママやパパは多いのではないでしょうか?そこで薬をのませるためのちょっとした工夫をご紹介しますね!

ジュースやプリン、オブラートなどで苦味を消すのがコツ!
薬は、水かぬるま湯で飲ませることが原則ですが、匂いや苦みが強くそのまま飲んでくれない場合は、ジュースで飲ませたり食べ物に混ぜて飲ませるとよいでしょう。ただし、ミルクや離乳食などの主食は、薬を混ぜたことで味が変わり、それ以降嫌がって食べなくなるといけないので避けましょう。粉薬はスプーンに薬をとり出し水でよく溶かしてそのまま口に流し込むとよいでしょう。あるいは少量の水で練ってペースト状にしたものを指先にとって、お子さんの頬の内側や上あごに擦り付ける方法もあります。いずれもそのあと水やジュースを飲ませ、薬の味が残らないようにしてあげましょう。ヨーグルトやプリンなど甘いものに混ぜたり薬をゼリー状のオブラートに包む服用補助ゼリー(市販)で、デザート感覚で飲ませるのもオススメです。
シロップ剤は液体で飲みやすく、子供が好きな甘味や香料が加えてありますので比較的楽に飲んでくれます。スポイト、注射器タイプ、計量カップなど1回分の分量を正確に飲ませるためのグッズが薬局で販売されているので、お子さんが気に入るものを探してみましょう。一気に飲ませるとむせてしまうことがあるので、少しずつ飲ませて下さい。ただし、ジュースや食べ物に混ぜて飲ませるのは、効き目が変わってしまう心配がないかを医師や薬剤師に確認してからにしてくださいね。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.