医療の主役は患者さんです! I・Cとセカンドオピニオン
医師から病気や治療方針について説明を受けた時わからないことや気になることがあっても「質 問するのは失礼だから」とそのままにしていませんか?病気の克服は、いわば患者と医師の共同 作業です。納得しないまま治療を受けてもよい結果は期待できません。「インフォームド・コン セント(I・C)」「セカンド・オピニオン」といった仕組みを上手に利用して、あなた自身が 主体的に医療に参加するようにしましょう。

いわゆる「おまかせ医療」は卒業しましょう
インフォームド・コンセントは、「説明と同意」と訳され、医師から診断や治療方針について十 分な説明を受け、納得・同意したうえで治療を受けるシステムです。時には医師が複数の治療法 について、それぞれ期待される効果とリスクを説明し、患者さん自身が選択するということもあ ります。
セカンド・オピニオンの希望を主治医に伝えましょう
セカンド・オピニオンは、「手術を受けるか、薬の治療にするのか」といった重大な選択を迫ら れた時などに、主治医以外の医師の意見を聞く仕組みです。注意していただきたいのは、主治医 の変更を前提にした仕組みではないという点です。ですからセカンド・オピニオンを受ける際に は、主治医にその旨をきちんと伝えて、検査結果などの資料を提供してもらいましょう。主治医 に内緒で他院を受診すると、もう一度同じ検査をすることになりかねず、患者さんの経済的・身 体的負担が増すだけです(主治医に相談することなしに、次々と違う医療機関にかかるのは単な る”ドクターショッピング”にすぎず、セカンド・オピニオンとは似て非なるものです)。
最近は、「セカンド・オピニオン外来」を設けて、主治医以外の医師や、外部の専門医に患者さ んが相談する機会を提供している医療機関もありますので、上手に利用するとよいでしょう。 とはいえ医師と話すのはやはり緊張するもの。「頭が真っ白になって何も聞けなかった」となら ぬよう、インフォームド・コンセントの場合も、セカンド・オピニオンの場合もあらかじめ質問 事項などのメモを用意しておくことをお勧めします。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.