産科医療補償制度がスタートしました!
出産は、新しい命を迎える喜びと期待と同時に、漠然とした不安を感じる妊婦さんも少なくないといわれています。こうした妊婦さんの不安を払拭し、安心してお子さんを産んでもらおうと、国は平成21年1月から出産の際に何らかの理由で重い障害が残ってしまった赤ちゃんとその家族を経済的に支援する「産科医療補償制度」をスタートさせました。

病院側の過失の有無に関わらず総額3000万円を給付
産科医療補償制度は、この制度に加入している施設(病院、診療所、助産所)でお産するすべての妊婦さんが対象になります。妊婦さんには施設からこの制度の対象であることを示す「登録証」が交付されますので、大切に保管してください(掛金を払って制度に加入するのはあくまで施設ですので妊婦さん側にこの制度に絡む費用負担は生じません)。
補償金の支払対象は、平成21年1月1日以降に「出生体重2000s以上かつ妊娠33週以上」または「妊娠28週以上で一定の要件に該当した場合」で出生した赤ちゃんに重度の脳性まひが残った場合。補償額は、一時金600万円と分割金2400万円の総額3000万円で、施設側の過失の有無に関係なく、一律に支払われる点が最大の特徴です。
ただし、この制度に加入していない施設での出産は補償の対象になりませんので注意が必要です。加入施設では、院内にこの制度の加入証が掲示されていますので出産を控えた方は一度確認してみましょう。
また、ウェブサイトでも確認できます。アドレスはhttp://www.sanka-hp.jcqhc.or.jp/です。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.