旨みも栄養もたっぷり−寒ぶり
ぶりがもっとも美味しくなるのは、「寒ぶり」と呼ばれる12月〜2月です。脂がこってりとのっ て丸々太ったこの時期のぶりは、美味しいだけでなく体にうれしい栄養も満点です。

生活習慣病予防に効果を発揮
ぶりは、わかし→いなだ→わらさ→ぶり(関東の場合。地域によっても違います)というように 成長によって呼び名が変わる出世魚です。このため縁起がいいと考えられ、関西や北陸地方では お祝い事に欠かせない食材となっています。冬場は春の産卵に向けてたくさんエサを食べ、脂が のって身にさらにコクがでます。
ぶりの脂肪には、DHA(ドコサヘキサエン酸)、EPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれ ます。これらは頭が良くなる栄養素として有名ですが、それだけでなく、コレステロールや中性脂 肪の値を下げるいわゆる効果もあり、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立 ちます。ぶりにはこのほかにも、糖分をエネルギーに変えるのに不可欠なビタミンB1、B2、カ ルシウムの吸収を促すビタミンDが含まれています。少し値ははりますが、天然のぶりの方が養殖 ものよりもビタミンが豊富です。
ぶりの切り身を買う時は、身に弾力があり血合いの色が赤くて鮮やかなものを選びましょう。ぶり は生臭くて苦手という方は、塩を加えた水でさっとふり洗いし、すぐにペーパータオルなどで水気 を拭き取ってから調理すると、汚れや臭みの原因になっている脂が落ちて、美味しくいただくこと ができます。定番の照り焼き、ぶり大根、刺身はもちろん、塩焼きや竜田揚げにするのもお勧めです。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.