良縁にも骨粗しょう症にも 女性の味方? はまぐり
夏、海水浴場で醤油のいい香りを漂わせている「焼きはまぐり」の誘惑に打ち勝つのはひと苦労 ですが、はまぐりの本来の旬は冬から春先の今の時期。はまぐりのお吸い物は、ひな祭りのお祝い 料理でもあります。

女の子の幸せな結婚を願って・・・
はまぐりは漢字で「蛤」と書くのが一般的ですが、「浜栗」と書かれることもあり、栗に形が似 ていることが名前の由来だとする説があります。2枚で一対になっているはまぐりの貝殻は、バ ラバラにして他のはまぐりの貝殻とペアにしようとしても合わせることができません。ですから 「ぴったり合う伴侶をみつけて幸せな結婚生活を送ることができますように」という親の願いや、 女性の貞節を教える意味もあって、はまぐりのお吸い物が女の子の節句料理として定着したよう です。
タウリンの含有量は2枚貝では随一
はまぐりには、動脈硬化の予防、血圧や血中コレステロールを下げる働きがある「タウリン」が 含まれています。その含有量はあさりの約2倍。2枚貝のなかではトップを誇ります。鉄分、カ ルシウム、ビタミンB2、亜鉛も含み、生活習慣病にとどまらず、貧血や骨粗しょう症でも予防 効果を発揮します。
はまぐりを買う時は、殻が固く閉じていて表面がツヤツヤしているものを選びましょう。スーパ ーのパッケージに入っているものはちょっと無理ですが、貝同士をぶつけてみた時に澄んだ音が するものが新鮮です。調理の前にはひたひたの塩水につけてしっかりと砂抜きをしましょう。お 酒のお伴なら焼きはまぐりや、酒蒸しですが、タウリンは水に溶けやすいのでがっちり取るなら お吸い物、クラムチャウダー、鍋などにして汁まで残さずいただきましょう。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.