正月疲れの胃腸を癒す−七草粥
おせちにお雑煮にお屠蘇にとご馳走が所狭しと並ぶお正月の食卓。でもいくらご馳走でも、そう何日も続くと飽きがきますし、カロリーオーバーの心配も。そんな時に目先を変えてくれるのが七草粥です。1月7日に頂くのは単なる風習というだけでなく、味が濃いめの正月料理で疲れた胃腸を休めてリセットする大切な役割もあるんですよ。

ルーツは中国 シンプルだけれど栄養は豊富
「春の七草」と呼ばれる七草粥の材料は、セリ、ナズナ(ぺんぺん草)、ゴギョウ(母子草)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ、スズナ(かぶ)、スズシロ(大根)です。七草粥のルーツは中国にあります。古い中国の暦では季節の変わり目として5つの節句を定めていました(五節句)。1月7日は人の日、「人日(じんじつ)の節句」とされ、この日に七種の菜を具にした汁物を食べて邪気を払う習慣がありました。これが日本に伝わり、汁物がやがてお粥を食べる風習に変わり、江戸時代に庶民にまで浸透したといわれています。かつては邪気を払うおまじないとして、七草を刻む回数など調理 の作法もきっちり決められていたそう。

見た目も味もシンプルな七草粥ですが、実は栄養たっぷり。主なものをあげると、鉄分が豊富なセリには増血作用、ナズナには尿の出をよくする利尿作用があり、野菜としてもお馴染みのスズナとスズシロはジアスターゼによって消化を助けてくれます。またハコベラは薬草として古くから親しまれてきました。
最近は七草セットなるものもあって手軽に作れるようになりましたが、揃わない時は小松菜などで代用しても、胃腸休めの役割は十分果たすと思いますよ。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.