春野菜「筍」で生活習慣予防!
冬が去り、暖かい日差しが降り注ぐようになると土の中からひょっこり顔を出す筍(たけのこ)。食物繊維が豊富で便秘にお悩みの方にはお勧めの食材です。下ゆでやアク抜きがちょっと面倒ではあるのですが、春を思わせる独特の香りを楽しむならやはり生の筍。若竹煮や筍ご飯にして日本の春の味をたっぷり堪能してみては?

食物繊維が大腸がんや糖尿病を予防
国産の筍の最盛期は3月〜5月。「桜前線」ならぬ「筍前線」は、気温の上昇にともなって九州地方から徐々に北上します。
筍に含まれる食物繊維には、コレステロールの吸収を抑える働きがあり、便秘解消のほか、大腸がんや糖尿病といった生活習慣病の予防にも役立ちます。コリコリした食感で食べ応えがあるのに低カロリーなのでダイエットにも向いています。また筍の旨み成分であるアスパラギン酸は、グリーンアスパラガスにも含まれる成分で疲労回復効果があるといわれています。そのほか、量こそ多くありませんが、塩分の排出を助けるカリウム、ビタミンB1、B2なども含みます。

筍はなんといっても鮮度が命。土の中から掘り出してから時間が経つほどえぐみが強くなります。買ってきたらできるだけ早く下ゆでを済ませましょう。穂先を斜めに切り落とし身には縦に包丁を入れて、米ぬかと鷹の爪を加えて水から火にかけます。竹串が通るまで柔らかくなったら火を止めて、そのまま冷まします。

冷めたら皮を剥いて水の張った密閉容器に入れて冷蔵庫へ。時々水を替えれば10日は持ちます。姫皮とよばれる先端部分は和え物、根元の硬い部分は刻んで炒め物、あるいはすりおろして揚げ物にすると残さず使い切れますよ。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.