栄養価はレバー並み!−かつお
新緑が目にまぶしい季節が到来すると、黒潮にのって日本沿岸を北上してくる「初かつお」。青魚でまず思い浮かぶのは脳の活性化や目にいい成分としてお馴染みのDHA(ドコサヘキサエン酸)ですが、かつおはこのほかにも、生活習慣病や貧血、骨粗しょう症の予防に役立つ栄養満載のとっても優秀な食材なんですよ。

古事記にも登場−日本人とかつおの長〜いお付き合い
かつおの旬は春(5〜6月)と秋(9〜10月)の年2回。春のかつおは「初かつお」、秋は「戻りかつお」と呼ばれ、初かつおは脂が少なくさっぱりしているのに対して、戻りかつおは脂がのったこってりした味わいが特徴です。日本人とかつおの付き合いは古く、縄文時代にはすでに食べられていたとか。日本最古の書物「古事記」に大和朝廷の祭事にかつおが使われていたとの記載があるそうです。

かつおは高たんぱく低脂肪のヘルシー食材。そのうえ血合の部分には、ビタミンA、B1、B2、B12、鉄分などが含まれ、その栄養価の高さはレバー並みといわれます。なかでも魚肉トップクラスの含有量を誇るビタミンB12には、赤血球の生成を助け、鉄分とともに貧血を予防する働きがあります。血合は臭みがあるから苦手という方も多いですが捨てるなんてもったいない!健康を考えるならぜひ食べてほしいものです。また、カルシウムの吸収を助けて骨粗しょう症を防ぐビタミンD、塩分を体外に排出するカリウム、DHAやEPA(エイコサペンタエン酸、血液サラサラ効果があります)などもたっぷり含んでいます。

新鮮なかつおを見分けるポイントは身や血合の赤い色が鮮やかなこと。1尾の場合は皮のしま模様がはっきりして、よく太っているものを選びましょう。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.