青魚の代表さばで血液をサラサラに
秋から冬にかけてたっぷりと脂を蓄える、さば。脂っこいイメージがありますが、さばのように背の青い魚に含まれる脂質はコレステロールを下げたり、血液をサラサラにしたりする働きがあるなど、体にとってよい効果をもたらす脂。食の欧米化が進んだ現代人の栄養はドロドロ血の原因となる牛・豚などの動物性脂質に偏りがちですので、さばやいわしに代表される青魚をもっと積極的にとっていただきたいものです。

青魚の栄養EPAとDHAとは?
さばの旬は9月から11月。よく出回っているのはマサバとそれよりも少し小ぶりのゴマサバの2種類です。今のように冷蔵技術が無かったころ、漁師や魚屋が鮮度の落ちるのが早いさばをろくに数も数えず大急ぎで売りさばいたことから、年を誤魔化す時に使う「サバを読む」という表現が生まれたのだそう。

さばには、エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれます。これらは不飽和脂肪酸と呼ばれる良質の脂質で、EPAにはコレステロール値を下げたり、血栓(血の塊)ができるのを予防したりする働きが、DHAには脳を活性化させ認知症などを予防する働きがあるといわれています。そのほか、動脈硬化の予防に役立つビタミンB群、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、肝機能や心臓の機能を高めるタウリンも多く含んでいます。

さばは「さばの生き腐れ」という言葉があるほど、鮮度の落ちが激しい魚。さばを買う時は目が澄んでいて腹部がきれいな銀白色をしているものを選びましょう。しめさばや味噌煮、竜田揚げ、シンプルに塩焼きにしても美味しくいただけますよ。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.