ビタミンCの王様 イチゴ
甘酸っぱくて誰もが大好きなイチゴは、「ビタミンCの王様」と呼ばれるほどビタミンがたっぷり。美肌づくりから風邪や生活習慣病の予防効果も期待できるからだに「うれしい」フルーツなのです。

5〜6個で1日に必要なビタミンCの摂取が可能
ビタミンCには、免疫力を高めて風邪にかかりにくくしたり、コラーゲンの生成を助けて肌を整えたりする働きがあります。また高い抗酸化作用によって、がんの発生や老化を防止する効果も。なかでもイチゴは、「王様」といわれるだけあって、大きめなものであれば5〜6個食べるだけで一日に必要な量を満たせてしまえるほどビタミンCが豊富に含まれています。

妊婦に必要な栄養素として有名な葉酸やペクチンという水溶性の食物繊維も豊富。葉酸には血液を作って貧血を防止する働きが、ペクチンには血糖値やコレステロール値を下げて動脈硬化を予防する働きがあります。同じベリー類のブルーベリーのように視力の回復や目の疲れを取る効果がある、アントシアニンも含んでいます。

イチゴを買うときは、実に光沢がありツブツブがはっきりしているもの、ヘタが乾いていないものを選びましょう。日持ちはしないので、買ってきたその日に食べるのがベストですが1〜2日くらいなら冷蔵庫で保存してもいいでしょう。ヘタを落としてしまうと、栄養成分が逃げてしまうので、ヘタをつけたままの状態で食べる直前に手早く洗うのがポイント。長期保存する場合は、ヘタを落として冷凍してしまいましょう。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.