ダイエットに「そら豆」
そら豆は、炭水化物が主体の豆の仲間。たんぱく質を約20%と豊富に含みながら、脂質はほとんどなく、ダイエットに最適な「低脂肪・高たんぱく」の食品のひとつです。
さらに、糖質の代謝に必要な「ビタミンB1」や、便通を促す「食物繊維」、血圧の低下や脳卒中予防、骨粗しょう症予防につながるとともに、体内老廃物の排出を促進し、むくみ改善に効果のある「カリウム」も豊富に含まれています。


低カロリーなのに栄養豊富!
 

低カロリーなので、ダイエットにも健康維持にもおすすめの食品です。エネルギー代謝を促進する役割も果たすので、髪の毛や爪、肌などの健康にも役立ちます。胃の働きを整えてくれるので、酒のおつまみにもピッタリです。
鮮度が命なので、なるべくさやつきのものを購入し、さやから取り出したらすぐに食べましょう。保存したいときは、ビニール袋に入れ、風が当たらないようにして、乾燥から守ってください。冷蔵庫でしっかりと保存しましょう。
さやは緑が鮮やかで濃いもの、表面のビロード状のうぶ毛が新鮮なもの、さや内の豆が均等に膨らんでいて動かないものを選びましょう。
旬は4月〜6月。高温多湿に弱く、秋に種をまいて初夏に収穫しますが、寒さにも弱いので冬場は、温暖な土地でしかできません。
ゆですぎたり、焼きすぎると食感が失われるので要注意。塩を入れたお湯で3〜4分、強火でふたをあけたままゆでましょう。


そら豆と菜の花の豆乳クリームパスタ

豆乳のあっさりとしたコクがポイントです。

【材料2人分】一人分のカロリー575kcal/塩分1.3g
パスタ160g
そら豆12粒<50g>
菜の花1束<100g>
にんにく1/2かけ
豆乳250cc
生クリーム20cc
中華スープの素小さじ1
こしょう少々
1/2個

【作り方】
[1] そら豆はさやから出し、ゆでて皮をむく。菜の花は塩ゆでして絞り、半分の長さに切る。
[2] フライパンに、豆乳とにんにくのみじん切り、中華スープの素を入れ、沸騰したらそら豆と菜の花、生クリームを入れてひと煮立ちさせる。
[3] パスタを表示ゆで時間より1分ほど早めにあげて、(2)に加え、少し煮詰め、塩(分量外)、こしょうで味をととのえる。
[4] 卵をよく溶きほぐし、塩(分量外)を加え、いり卵を作り、パスタの上にのせる。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.