「ゴーヤ」で夏の不調を吹き飛ばせ!
じめじめして蒸し暑い日本の夏。夏バテで食欲がなくなったり、ほてりやのぼせの症状に悩まされていませんか? そんなときは体にたまった余分な熱を冷ましてクールダウンさせたり、体内の水分バランスを調節してくれる働きをもつ夏野菜がおすすめです。クーラーなどによる「夏冷え」に悩む方は、夏野菜とともに、体を温める薬味(にんにくや生姜など)と一緒に摂ったり、加熱調理をするなどの、工夫をすると良いでしょう。


「心」の働きを補助するゴーヤ
 

もともと夏は、中医学では「心(しん)」と関わりの深い季節といわれています。
 「心」とは、心臓の機能として体全身に血液を巡らせて栄養を滞らないように調整するポンプの働きとともに、思考や意識などの精神活動を調整する働きをしていると考えられています。
 汗をかくことの多い夏は、汗と一緒に「気」(元気、やる気など体を動かす原動力となるもの)も出てしまうため疲れやすく、体から水分が奪われ血液に粘りが出てしまうため、「心」の負担が増します。心拍数が早くなったり、のぼせや動悸、息切れ、日射病などの症状が起こりやすいといわれています。
 また一方で、暑さから冷たいものを飲みすぎてしまい、体内に余分な水分が溜まりやすい時期。必要な水分はキープしながらも過剰にたまった水分を体の外に出すことで、胃腸など消化器系の働きが衰えないように気をつけることも大切です。
 そこでおすすめなのがゴーヤ。ゴーヤの苦味は「心」の働きを補い滋養してくれ、利尿作用も期待できるので夏バテ予防にも最適。体力の消耗の激しい夏を、ゴーヤパワーで乗り切りましょう。


ゴーヤの梅ツナ和え

ツナの旨味がゴーヤの苦味を適度にやわらげてくれて、食欲のないときでも食べられ、おつまみにもなる一品。

【材料 2人分】
ゴーヤ1/2本
みょうが1個
梅干し1個
ツナ缶詰(オイル漬け)1缶
白ごま少々
ポン酢小さじ1

【作り方】
[1] 下ごしらえしたゴーヤを2ミリの厚さに切り、熱湯で1分程度ゆがいたらさっと水にさらし、水気を切る。
[2] みょうがは縦半分に切り、斜め薄切りにしたものを数秒水にさらしてアク抜きし、ザルにあげる。
[3] 梅干しは種をとり、包丁でたたいておく。
[4] ボールに[1] [2] [3]とツナ缶(汁ごと)とポン酢を入れ、よく和えたら器に盛り、白ごまをふりかける。

(C)2008 MyPharmacy, All rights reserved.