■ホームページをリニューアルしました■
3秒後に新しいページへリンクします。

ホームページがリンクしない方は下記よりご覧ください。
沖勘六薬局 新サイトへ

沖勘六薬局ヒストリー

美濃路沿い江川町(現城西)に文久年間以前に開業しました。
江戸時代は名古屋城へ薬を納めていました。
苗字・帯刀を許され『沖勘六』を代々襲名していました。

【写真:戦前の薬局風景】

戦前は薬局と郵便局を兼業していましたが、空襲で焼失。
【写真:5代目沖勘六(明治38年写) 】
【写真:6代目沖勘六(昭和49年没)】
【写真:(上)6代目沖勘六胸像完成披露宴・(下)除幕式】

愛知県薬剤師会会長・日本薬剤師会副会長を務め、医薬分業の創設に尽力しました。
没後、功績により胸像が建てられました。
(現在:愛知県薬剤師会会館内に展示)

除幕したのは現社長です。
【写真:(左)7代目沖活夫(平成3年没)・(右)6代目沖勘六】

7代目より襲名を止め、屋号を『沖薬局』から『沖勘六薬局』へ改めました。
ぜひ、こちらもご覧ください。
続いてこちらもご覧ください。
ぜひ、こちらもご覧ください。
豊田市の薬局です。