■ホームページをリニューアルしました■
3秒後に新しいページへリンクします。

ホームページがリンクしない方は下記よりご覧ください。
沖勘六薬局 新サイトへ

私たちの目指す『かかりつけ薬局』とは

私たちが目指す『かかりつけ薬局』とは

1.薬歴(くすりの服薬記録)を作成し、患者様毎にくすりや食べ物などによりアレルギーを起こしたことがあるかどうか、また今どんなくすりを使っているかなどを記録します。この記録を基に、複数のくすりによる影響がないか、アレルギーの心配はないかなど、くすりのチェックを行います。

2.同じ時期にいくつかの病気で複数の病院で診療を受けた場合には別々にくすりが処方されますが、それぞれ処方せんどおりに調剤してよいのかチェックを行います。 
もしも同じくすりが処方された時、一緒に服用するとくすりの作用が強められたり、副作用が現れ易くなる場合、逆に作用が弱くなり期待される効果が得られない可能性がある時は、処方元の医師・歯科医師と相談の上調剤をします。 
 
3.調剤されたくすりについて、「どんな効果があるのか」「どのように服用するのか」「服用に際し注意することがあるのか」などの説明を十分に行います。

ご希望の方へ『おくすり手帳』をお渡しします。

『おくすり手帳』について
 あなたに処方されたくすりの名前や飲む量、回数などを記録しておくものです。複数の医療機関に受診したり、市販のくすりを購入する際に、この手帳を見せて重複投与や相互作用、また過去の副作用などを確認してもらうことができます。災害時にも役立ちますのでご利用ください。

一般薬をご利用の方もご相談ください。

くすりは少量でも効果を発揮する一方で、症状にあわなかったり体質によっては副作用に注意しなければならない成分を含んでいる場合があります。当薬局の薬剤師にご相談ください。

特に次の方は一般用医薬品ご利用の場合でも注意が必要ですので、ご相談ください。

(1)持病がある人
(2)アレルギー体質の人
(3)病院などから出されたくすりを服用している人
(4)今まで使用したくすりで副作用があった人
(5)妊娠中又は妊娠していると思われる人
(6)授乳中の人
(7)乳幼児・高齢者
(8)車の運転や危険な作業(高所での作業など)をする人
ぜひ、こちらもご覧ください。
続いてこちらもご覧ください。
ぜひ、こちらもご覧ください。
豊田市の薬局です。