すずらん調剤薬局トップページへ
薬局責任者である管理薬事師の自己紹介です
管理薬剤師の活動報告です
くすりを飲ませる工夫や事例を紹介します
産経新聞平成21年(2009年)12月23日掲載記事
薬局からの意見や趣味のページです!是非、ご覧下さい!!

管理薬剤師自己紹介

管理薬剤師プロフィール紹介

管理薬剤師
上荷裕広(うわに ゆきひろ)
昭和37年 大阪市生まれ 
昭和56年 大阪府立高津高校卒業
昭和60年 京都薬科大学卒業
昭和60年から平成5年
製薬会社の津営業所にてMRとして勤務
平成5年 長尾調剤薬局(伊賀市)にて勤務
平成7年7月 すずらん調剤薬局開局

著書(共著)外来小児科初診の心得21ヶ条

趣味 ゴルフ

薬局専門雑誌に載りました

全国の薬局に配布されている薬剤師専門雑誌である日経DIに掲載されました。(平成18年11月号)2年前にも一度取材を受け、子供への薬の飲ませ方について紹介していただき、今回2回目の掲載です。

今年の学会にて

平成22年8月27日から福岡にて第20回日本外来小児科学会が開催されました。今年も参加し自らワークショップを企画して行ってきました。開催したワークショップは「さあ、くすりを飲もう!」で、子どもたちの服薬動機を高めるために何をすれば良いのかを検討しました。もうひとつは「薬剤情報の提供を考える」で、いかにしてお母さん方に不安を与えずに副作用情報を提供できるかを参加者と共に検討しました。

学会にて講演しました

平成21年5月30日 福岡にある九州大学医学部附属病院内の百年講堂にて行われた「第26回日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会」の教育セミナーで、「くすりの飲ませ方の工夫と長期継続を成功させるポイント」という演題で約1時間お話をさせていただきました。参加された皆さんはとても熱心で、私にとっても貴重な経験となりました。

第19回日本外来小児科学会で講演しました

平成21年8月29〜30日に埼玉県さいたま市にて開催された第19回日本外来小児科学会に参加してきました。ミート・ザ・エキスパートというセッションで「小児へのくすりの飲ませ方の工夫」について講演し、約100名の方が熱心に耳を傾けてくださいました。